クラビット大図鑑

同じ成分でも種類豊富|こっそり治す?簡単治療術

メニュー

病を知る|クラミジアの潜伏期間や症状

クラミジア感染症とは、クラミジア・トラコマチスという細菌によって引き起こされる性病の一つです。
近年、性行為の若年化や多様化に伴って急激に拡大を見せていることが問題となっており、性感染症の中でも特に流行している病気となっています。
国内では推計100万人が発症していると考えられています。
特に感染が増えているのは若い女性で、子宮頸管炎、卵管炎、卵管周囲炎などを発症します。
男性の場合は、尿道炎、精巣上体炎などを発症させます。
クラミジア感染症の現れ方は一定ではありません。
潜伏期間は1~3週間程度あり、それまでは一切症状が見られません。
たとえば、男性が尿道炎を発症させる場合、潜伏期間は1~2週と言われています。
その後排尿をするとき軽い痛みを伴ったり、さらさらした分泌物が現れたりするようになります。
また、精巣上体炎を発症すると、睾丸がはれ、疼痛や発熱などの症状が現れます。
これに対して女性の症状は非特異的で、さらさらとしたおりものが現れたり、不正性器出血が見られたり、また下腹部の痛み、膀胱炎のような症状などがあります。
そして、卵管炎、卵管周囲炎、骨盤腹膜炎などによる不妊症につながることもあります。
注意が必要なのは、男性、女性関わらず、症状がほとんど現れない場合が少なくないということです。
統計では、半数以上がこの無症候性感染と言われています。
つまり、知らずに感染源になっていたり、合併症を起こしたりするリスクがあるということです。