クラビット大図鑑

同じ成分でも種類豊富|こっそり治す?簡単治療術

メニュー

淋病|クラビットの作用

淋病は性交によって感染していく病気で、排尿時の激痛や不妊症を引き起こす可能性もある怖い病気です。
主に性交によって感染していくため、10代後半から感染者が増えていくのが特徴です。
患部は尿道や子宮頚などの生殖器の他にも、オーラルセックスなどによる感染で、喉なども患部になってしまうことがあります。
ただしこうした喉への感染は自覚症状がないため、治療することなく、感染を広めていってしまうケースが見られ注意が必要とされているのです。
男性の淋病の症状は激しく、排尿時の尿道付近の痛みですぐに発見することができますが、女性はおりものが増える程度で感染に気づかれないこともあります。
ただし、女性の淋病感染は注意するべきもので、不妊の原因になってしまったり、妊娠中の感染が流産につながるケースもありますので、予防と対策をしっかり採る必要があります。
クラビットはニューキノロン系経口抗菌製剤で高い殺菌作用がある薬です。
細菌のDNA複製を阻害して増殖していくのを防ぐことができるため、広い感染症に使用される薬です。
クラビットは肺炎などの時に治療薬として使われるケースが多く、呼吸器系に強い薬として知られていますが、泌尿器系や婦人科系の細菌感染にもよく使用されます。
淋病のケースもこのクラビットで完治される方も多くいる薬です。
ただしこうした抗菌作用のある薬は、自己判断で途中で服用を中止することをせずに処方された分は飲みきることが必要と言えるでしょう。